日刊ゴン太

「び~ぐるぐるぐる」のぜんぶままさんところで「日刊あなた」なる面白サイトを発見!!
名前を入れるだけで、今日のその人だけの新聞を作ってくれると云うのだ!!
もちろん早速やってみた(^o^)丿

「ゴン太新聞」

ゴン太の「突撃!隣の晩ご飯」
ワイドショ-の名物コーナー「突撃!隣の晩ご飯」の収録が今日行われた。突撃レポーター役を引き継いだゴン太にとっては、これが初めての収録となった。大人気コーナーだけに、最初はいささか緊張の色が見えたが、それはさすがにゴン太のこと。すぐにエンジン全開となった。「甘からず、辛からず、うまからず」といった、どこかで聞いたことのあるようなギャグをふんだんに織り交ぜ、爆笑をえた。しかし、2件目でビールをご馳走になったゴン太はついに暴走。放送禁止用語を連発し、ついには収録がストップ。結局幻の作品になってしまった。先が思いやられるスタートとなったが、ゴン太は一向に強気の姿勢を崩さず、「次はもっとすごいよ」とスタッフを震え上がらせた。おそらく降板になるだろう。


ゴン太謎の襲名
この度、ゴン太は「縄二段」を襲名した。この「縄」や「二段」というのは一般的には馴染みの薄いものであるが、襲名会場に現れた介添え人である自称「仮面の女」によると今回の襲名は以前から決まっていたことであり、今後ゴン太は縄二段としての勤めを果たすとこになるとのことである。「縄」には素人縄と玄人縄があり、玄人縄を扱う者は黒帯と呼ばれる。縄二段とは黒帯の中でも指導的な立場にあるが、「縄」といわれるものが何らかの組織であること以外、詳しいことは謎である。ゴン太は襲名式の後のパーティーに出席したが記者からの質問には答えず、身内の関係者に「縄二段」と声をかけられるたびに何かに怯えるように身震いをしていた。


ゴン太さん表彰される
先月の染物工場火災の第一発見者で、消火に協力したパン職人のゴン太さんが消防庁から感謝状を贈られることになった。ゴン太さんは仕事場に泊まるときに、火を落としたナンを焼く窯で寝ることがあるという。「ぽかぽかですよ。寝てる間に温度も下がるので寝汗もかかないし」とのことだが、先月の染物工場での火災の際、ゴン太さんの店にも火が回った。いつもとは違うナン窯の熱さで起きたというゴン太さんは火災に気付き、消防に連絡し自らも消火に協力した。今回の感謝状については「窯で焼かれなくてよかった」とのこと。

ゴン太はいろんな顔を持っているようだ。本職はパン職人らしい。窯で寝ちゃうくらいナンを愛す職人は、さすが!!食べ物好きなゴン太意外いるまい。。
多才なゴン太は副職でTVのレポーターもしているらしい。それもまたしても食べ物関係の番組だ!!真面目にパンを作っている反面、レポーターでは羽目を外す事もあるらしい。。
そして影ではナゾの組織に加入。誰にも知られたくたくないらしい立場がまた更にナゾを呼んでいる。。気になる。。
ゴン太がこんな顔を持っているなんて、オネエは知らなかったさ。。(~_~;)

[PR]

by mayumingon | 2005-04-13 23:35 | トラックバック