布団で寝るゴン太さん

「び~ぐるぐるぐる」の布団で寝るぜんぶさんにTB!!

ゴン太は小さい頃からママと布団で寝ています。
私がしつけだから、と夜鳴きしてもそのままにしておくように、と言っておいたのに、夜中にこそっとママが布団に入れてしまったが最後、それからずっとママのお布団でママと一緒に寝るようになったゴン太。。
そんな訳でそこからゴン太の我が侭生活が始まったのです。。

寝る時はママが布団をあげてあげて、ゴン太は布団の中に入ってゆきます。
大抵はママの腕枕でゴン太は寝ます。
時に、ママの胸の上を枕にして寝た事があったそうですが、かなりママが息苦しいそうで、「ゴンちゃん、ママ苦しいからこっち来て」って腕枕に誘うと、ちゃ~んとわかって腕枕にするそうです。
暑くなるとちゃ~んと頭の方から出てゆき、ソファか何かに寝ます。
そのうちまた布団に入ってくるのですが、ママが気づかない時はママのお顔をちゅんちゅんってお鼻で合図します。

ゴン太はうんPをする体制と、寝る体制にはとってもデリケートです。
一度お布団に入って、寝る体制を整える訳ですが、どうにも納得がいかないと、また頭から出て行って、再度、改めて頭から入って、やり直します。
くるくる回ったり、カリカリ掘ってみたり、足の方まで入っていってみたり、とその時々で、寝る体制を決めます。

最近のゴン太のお気に入りはママの小股の間で寝る事。
普段は私の小股で寝るのがお気に入りで、夜、お布団の中でママに小股を開かせる事は殆どなかったのですが、最近はママの小股をカリカリやるそうです。
ママはその体制で寝なければいけないので、これまたかなり疲れるようです。。
ちなみにママがいない時は、私が一緒に寝てあげてたのですが、その時は、やっぱり私の小股に寝てました。
私の場合は、小股が一番心地いいみたいです。

一番厄介なのは、ゴン太は必ず夜中に2~3度お外へ行きたがるんです。
ママはトイレなのかな?と思ってその度に窓を開けてお外へ出してあげてるんだけど、トイレじゃない時もあります。
ただたんにお外の匂いだけ嗅いで、また入って来る事もあるのです。
ママはその度に、起きて、窓を開けてあげて、またゴン太があがって来たら、閉めてあげないといけないので、かなりの寝不足を強いられます。それが毎日です。
ある雑誌かなんかに、わんこは一晩くらいトイレは我慢出来ると書いてありました。
夜中に起こしてトイレなどを要求するのは、ただの我が侭なんだそうです。
ゴン太も然り。私が思うに、ただ単にママに甘えてるだけなのです。

あぁ~ゴン太の我が侭生活ぶりをついに暴露しちゃいました。
それもこれも飼い主が悪いのは分かってるんですけどね。。
皆さんの呆れたお顔が思い浮かぶわ。。(+_+)

a0013905_171613.jpg

[PR]

by mayumingon | 2005-02-15 23:59 | トラックバック