タグ:ゴン太 ( 70 ) タグの人気記事

ハッピーバレンタイン!!

ハッピーバレンタインデーの今日、ゴンちゃん三回忌を迎えました。

a0013905_021249.jpg


早いもので三回忌。

毎日毎日ゴンちゃんの事を思い出しながら切ない日々を過ごしていた実家の家族も、今や友蔵に振り回される毎日。。

それでもやっぱりゴンちゃんは特別な子。

サンゴとMAXと友蔵と。。

比べてはいけないけど、比べられないくらいゴンちゃんは私たちの天使でした。

友蔵とは当たり前だけど全然違う。
けど、何故か目だけはよく似ていて、何だか最近段々と甘ったれの我がまま大王、ゴンちゃんに近づいてるような。。

もしかしてゴンちゃんが乗り移ってる?

って私たちは思うのだけど、冷静なピットパパの言葉「それは飼い主の問題だよ」って。。(*_*;

友蔵は極度のビビりで、多分センターにいた頃他のわんこに虐められてたのが原因になってるかも?なのだけど、分離不安でもあって結構手をやいています。

散歩でわんこやにゃんこに遭遇すると、町中響き渡る声で吠えてしまいます。

そんなんだからサンゴとMAXに会わせるのも時期をみていたのですが、ようやく昨日、初対面となりました。

案の定最初は町中響き渡る声で大合唱!!

というのは友蔵とサンゴで、MAXは、と云うと怖くて固まってたみたい(^^;)

その後一緒にお散歩したのだけど、普段からリーダー気取りのサンゴは、友蔵がちょっと前へ行くと怒って、友蔵のお耳をパクリと。。(*_*;

更にマイペースで歩いていたMAXもどさくさに紛れて友蔵のお尻尾をパクリ。。(>_<)

このふたり、普段から取っ組み合ったりアウアウしたりしているから、それが普通だと思ってるみたい。。(+。+)アチャー。

友蔵が鈍感で良かった(^_^)ゞ

もう少し慣れてくれるといいんだけどね!

もう大騒ぎだったので写真なし、です。。(>o<)

こんなドタバタな日々をゴンちゃんとピットはどんな思いで見てるかな?

a0013905_23364693.jpg


a0013905_0135053.jpg

[PR]

by mayumingon | 2013-02-14 23:36 | 日記

ゴンちゃん☆16歳

昨日はゴン太の16歳のお誕生日でした。

14歳で旅立ってしまったゴンちゃん。

私たち家族の中では、ゴンちゃんがこの世を去る、なんて事が考えられず、ゴンちゃんはきっと16歳までは元気で生きてるよね、なんて根拠もなく思ってました。

最期の方は発作続きだったゴンちゃん。

強い子でみんなの前ではまだまだ元気な姿を見せてはくれてたけど、最後の発作で苦しくて苦しくて、ついに天使のお迎えが来てラクになったゴンちゃん。

そのお顔は気づけばずいぶん見ていなかったくらい、心地良さそうにぐっすりと寝ているゴンちゃんのお顔でした。

そのお顔を見たら、発作を起こしてからのゴンちゃんがどれだけ苦しくて辛かったろう。。

そんな事を思ったら、ますますゴンちゃんが愛しく、ラクになって良かったとは思うものの、やっぱりいつまでも元気でもっともっとずっと一緒にいたかった、と思うのです。。


a0013905_0112485.jpg


a0013905_0142556.jpg


a0013905_0163959.jpg

[PR]

by mayumingon | 2012-10-23 23:59 | 日記

一周忌

早いもので、昨日、ゴン太の一周忌を迎えました。。

あれから1年だなんてホントに早い。。

毎日ゴン太の話をしない日はないくらい、今でも実家へ行けばゴン太の話ばかりしています。

去年は滅多に降らない雪が降り、珍しく積もった夜の事でした。

ゴンちゃんはその日、注射に2回も先生に会いに行って、具合悪いはずなのに、珍しく先生の顔をじっと見つめてたっけ。。

そしてしばらく会ってなかった父がゴンちゃんに会いに来てくれた時も、具合悪いはずなのに尻尾を振って父に駆け寄って。。

そして、私が一度家に戻るのに、「ゴンちゃんちょっと待っててね」と行って出かけたのをじっと見てたこと。
そして、ゴン太急変の知らせで大急ぎで実家に戻って、私が来るのを待ってたかのように、私が来て僅か15分くらいで旅立ってしまったこと。。

ちゃんとみんなに最後の挨拶をして旅立ったゴンちゃん。。
ゴンちゃんには何でも分かってたんです。


ゴンちゃんは頭に天使のマークが付いていた子でした。
きっと天使に守られてた子だったんだと思います。

そして持ち毛で、とっても白くキレイな子でした。

最後はきっと雪のように白く輝いていたゴンちゃんを雪の精が迎えに来て、お空に連れてってくれたんだと思います。


辛い最期だったけど、とってもいいお顔をしていたのはそのせいだよね。

ゴンちゃんラクになってお空に旅立って逝ったんだと思います。



そんな話を今でもみんなで毎日しています。

ゴンちゃんはうちに来る運命だったと思うし、甘ったれの我がまま王子だったけど、とっても頭がよくて、わんこは苦手だったけど、どこか人間のように何でも分かっている子でした。

a0013905_23592597.jpg


a0013905_2359414.jpg


a0013905_0472212.jpg


a0013905_0485269.jpg

[PR]

by mayumingon | 2012-02-15 23:43 | 日記

初盆の前に。。

ゴンちゃんの初盆がやって来ます。

未だにこんな早くにゴンちゃんが旅立ってしまった事、信じられないでいます。

何故だかゴンちゃんはずっと、ず~っと一緒にいるような気がしてたから。。


ゴンちゃんは何でもくれる婆ちゃんの事が大好きでした。

きっとお空ではいっぱい婆ちゃんに甘えてる事でしょう。

同じ初盆の婆ちゃんと一緒に、このお盆に帰って来てくれるかな?と思ってます☆ミ


大好きな、大好きな、我が家の世界一可愛いゴンちゃんだよ♪

a0013905_0223442.jpg




さて、お盆に入ると忙しくなるので、遅くなりましたが、ここで前回お伝えしたもうひとつのサプライズへ。。

More
[PR]

by mayumingon | 2011-08-12 23:59 | 日記

梅雨のまにまに

ちょっと体調を崩しておりました。。

神経性胃炎?

いろいろあったし。。
思い当たる節もあります。。

ようやく元通りになりつつあります。。


あっと云う間に梅雨に入り、それももう終盤、かな?

今年も見事に咲いてくれた紫陽花ももう終わりを告げつつあります。。

a0013905_22443111.jpg



さて、今日は一冊本をご紹介したいと思います。


『フィナーレを迎えるキミへ』咲セリ

フィナーレを迎えるキミへ

咲 セリ / ペットライフ社



末期がんを宣告された黒猫ちゃんの最期を巡る実話。

私はピットを亡くしてから、果たして私はピットに納得の行く最期を迎えさせてあげられたのだろうか?
あの決断は間違っていなかっただろうか?

幾度となく思って来ました。

それは答えの出ない問い。
当のピットはもういないんだし、いたとしても言葉が交わせないんだから答えを期待するのは不可能。

もし言葉が話せたら、ピットの思うような最期を迎えさせてあげられたのに。。
残るのは悔やむ思いばかり。

行き場のない、ずっと続くであろうこんな気持ちを、どうすればいいか持て余していた時に出会ったのがこの本。

同じ病(がん)を持つ愛する子を亡くした人がどうやって愛する子の病と戦い、亡くしてからどうやって立ち直っていったのか、術を知りたかった。

でも読むのには勇気がいった。

いやがおうでもあのピットとの辛い闘病生活を思い出すだろうし、今更そんな辛い思い出を思い出すより、ピットとの楽しかった日々を思い出してあげた方がピットも喜ぶのではないだろうか?

でもこれは乗り越えなければならないもの。
乗り越えてこそピットも笑ってくれる、と奮起してこの本に手を伸ばしました。


でも結局読み終えるのに1年もかかっちゃったんだけど。。(/_;)

だって届いてすぐに最初の方だけでも、と読み出した途端、涙が止まらなくなってしまって。。

読むのに勇気がいったし、ベッドの中で覚悟して読むのだけど、鳴咽するほど泣いてしまった事も。。

まさに、私の気持ちと同じ想いがそこにあったから。。

そんな言葉を目にする度、今までどうしていいか分からなかった想いが溢れ出る。


私だけじゃないんだって思えたし、同じ気持ちの人がいると思うと少し気持ちがラクになりました。

それでも決してピットとの闘病生活の悔いがなくなる事はないのだけど、みんなそうやって心に消えないもやもやを抱えながら、少しずつ前を向いて歩いていっているんだって。

もっと強くありたいのだけど。。

一周忌を迎えて、少し落ち着くかな?と思ってたけど、今まで以上にピットを愛おしく思うようになったり。。

感情とは不思議なもので、自分でも予測がつかないだけに、気持ちが落ち込むこともありますが、ピットと過ごしたかけがえのない時間をこれからももっともっと大事にしながら、過ごして行こうと思います。


ピットの事は一番に愛おしく感じているし、そしてゴン太に限っては私たち家族にとっての天使で特別な存在の子だったし、ふたりともいつまでも大切な大切な私達の家族です☆彡

a0013905_22542020.jpg

[PR]

by mayumingon | 2011-06-29 22:11 | 日記

ゴン太の百か日

先日のお休みに、ピットパパが急に思い立って、宮が瀬ダムに行ってみよう、と云う事でちょっとしたドライブデートになりました(^^)

a0013905_2235592.jpg

ここはクリスマスの時期になると手前のモミの木に飾りつけされ、日本一のジャンボクリスマスツリーとしてイルミネーションが灯るので有名です。

こういうところに来るとピットを連れて来てあげたかった、とついつい思ってしまいます。。

a0013905_2239336.jpg

ランチに寄ったレストランでビーグルと思われる看板犬に遭遇☆

お店の方にお話を伺ったら、どうやらここら辺は猟に来ていて、猟犬を置いてってしまう人が多いんだとか。。

この子も怪我をしていて放浪していたらしい。

何とも腹立たしい!!

そんなの猟をする資格などない!!

この子は保護して貰ってホント良かった。

とっても人懐っこくて特にピットパパにメロメロ!?

女の子だけに男の人の方が良いみたいです(^^)

More
[PR]

by mayumingon | 2011-05-29 23:54 | 日記

ゴン太の月命日

昨日はゴンちゃんの3回目の月命日でした。

今でもゴンちゃんがいないなんて信じられない日々を送ってます。

ゴンちゃんは実家の家族にとって特別な存在の子でした。

あんなに人間っぽい犬はいないと思うし、犬のくせに運動神経悪かったし、何でも分かっちゃう子でした。

あんなにいい匂いの犬はいないと思うし、もち肌もち毛で毛並みがよく、何もしてないのにサッラサラのツッヤツヤでとってもキレイな毛の持ち主でした。

a0013905_2320090.jpg


そして何よりゴンちゃんの後頭部には、羽を広げた天使さんの模様が!!

ゴンちゃんはこの天使さんに見守られてたとっても幸運な子だったのです。

そして最期はゴンちゃんがラクになるようにと、この天使さんに運ばれてお空へ旅立って行ったのだと思います。。

a0013905_23203174.jpg


そうだよね?ゴンちゃん。。

「ヴァオン!!」

a0013905_23212181.jpg


ゴンちゃんの鳴き声は小さい時こそ美声と言われたけど、いわゆるビーグルの遠吠えのような鳴き声ではありましたが、ドスの利いた図太い声でした。。(^^ゞ

a0013905_23214020.jpg

[PR]

by mayumingon | 2011-05-15 23:22 | 日記

お花見

震災から1ヶ月が経ち、ようやく余震も落ち着いて来たかな~?と思ってた矢先の大きな地震。。

細く何とか繋いでいた希望への糸がプツリと途切れてしまう感じを覚えました。。

なんでこんな。。なんでこんな残酷な。。

被災地の方たちの事を思うと居た堪れなくなります。。

天災の事だから誰に文句も言えないのがもどかしい思いです。。


乗り切らなくては前に進めないから、みんなが一緒になって前進あるのみ、なんですよね。。


こんな辛い、暗い気持ちの中でも、春はやって来て、見事な桜を咲かせてくれています。

震災があってからは、なかなか遠出をする気にもなれず、かと云って家に篭ってるのも違う気がして、近場だけでも出かけるようにしています。

昨日のお休みは、近くにありながら行った事がなかった桜の名所にピットパパと行って来ました。

こちらの桜は日本桜名所100選にも選ばれているみたいです♪
a0013905_0114358.jpg


今年は市内の桜祭りほぼ全部中止となってしまったようです。。
それでも昨日は平日でしたが、絶好のお花見日和。
お花見に来られてる方も結構いました♪
a0013905_013588.jpg


高台からの眺めも絶景でした♪
今だからこそ、こんな贅沢はないと感じました。
今までは思いもしなかった事。。
a0013905_0162893.jpg


見頃はもうちょっと過ぎちゃったかな?って感じだったけど、ハラハラと舞う花びらを眺めるのもまた風情があって良かったです。
こちらはいつもの桜街道♪
a0013905_0201029.jpg


More  そして。。
[PR]

by mayumingon | 2011-04-14 23:59 | 日記

愛する家族

早いものでもう4月。

この時期、いつもならお花見で盛り上がっている頃。

でも今年は寒かったのね。

先週のお休みに桜並木を観に行ったら、まだ全然咲き始めだった。。

後で知ったけど、横浜ではその日が開花宣言された日だった。。(^^ゞ


さて、昨日、こちらも早いもので、ゴン太四十九日を迎えました。

不思議なもので、未だにまだゴン太が傍にいるような気がしてなりません。

ゴン太は家族であり、空気のような存在。

そこにいて当たり前だったから、未だに近くに感じているのかもしれません。


ゴン太が旅立って、皆さんから暖かいお言葉を頂いて、、

改めてゴン太はみんなに愛されてたんだなぁ~と嬉しく感じています。

本当に有難う御座いました!!


昨日は祖母の月命日でもありました。

きっと婆ちゃんがゴン太を迎えに行ってくれてると思います。

ゴン太は大好きな婆ちゃんめがけて、若い頃のように転がるように走って行った事でしょう。

a0013905_23323515.jpg



今回の震災の余波はまだまだ長く続きそうで、時折、何でこんな事になってしまったんだろうなどと考えてしまいそうになります。

被災地の皆さんの事を考えたらそんな事失礼なんだろうけど。。

原発の問題も気になるところだけど、それと同時に、飼い主と離れ離れになったわんこの事が気がかりで仕方ありません。

昨日も3週間ぶりに救出されたわんこの事が取り上げられてましたけど、頑張って生きようとしているわんこたちを少しでも救ってあげたい。

それで、少しでも力になれれば、と思い、昨日支援物資を送らせて貰いました。

殆どピットの使い古しのものばかりでしたが。。

実はピットのもの、殆ど捨てられずに取ってあったんです。

もしこれが少しでもお役に立てたら私も本望だし、ピットもきっと喜んでくれると思ったから。

手放すのは寂しかったけど、ピットが愛用していた毛布やタオル、リードやカラーなどが被災地で辛い思いをしているわんこたちを暖かい気持ちにさせてあげられたら、と願うばかりです。。

a0013905_23351392.jpg

[PR]

by mayumingon | 2011-04-04 23:39 | 日記

東日本大震災

11日、我が家でも、私が今まで経験した事のない揺れを感じました。

揺れを感じてすぐに電気が止まりました。

こんな事も初めてでした。

一緒にいた母と家の前の道に出ました。

近隣の人たちも続々と出て来ていました。

うちの車が激しく揺れていました。

そんな事が3度ほど続きました。

父は近くにいたのですぐに無事を確認できたのですが、ピットパパからはすぐにメールが届きましたが、それ以降、連絡が取れず。。

出先にいた妹とも連絡が取れずにいました。

家にラジオもなかったので状況がなかなか掴めず。。

かろうじて通じていたiモードでニュースを見ました。

そして更に驚いたのが、それが宮城沖地震だったって事。

こっちでこんなに揺れたのだから、被災地はどんなだったろう。。

夕方妹も無事に家に帰り、夜になって混乱の中、ピットパパは奇跡的に早く帰宅出来て、家でようやくポータブルテレビで状況を知る事が出来たのです。。

結局我が家の地帯では夜中の1時にようやく電気が復活しました。


お陰さまで我が家は棚のものが少し落ちて、ピットのお供えのお水が少し零れてた程度で済みました。

それからはただただ日が経つに連れて、被災地の被害の大きさに驚愕するばかりです。


被災地や被災者の皆様には、ただただ深くお見舞いとお悔やみを申し上げると共に、一日でも早い救援と復旧を、そして少しでも多くの方のご無事を願うばかりです。。

まだ余震があり、ご不安な事と思いますが、どうか皆様お気をつけ下さいませ。

More
[PR]

by mayumingon | 2011-03-14 23:59 | 日記