ゴンちゃんの心臓発作

この師走、年の暮れに来て、ゴンちゃん心臓発作を起こしてしまいました。

母の話に依ると、朝方5時くらいに母の元に来たゴンちゃんはすでに呼吸が荒く、なんかおかしいな、と思ったそうです。
そのうち全身震えが来て、みるみるうちに衰えて来て覇気もなくなって来た、と。
何も欲しがらないどころか何度か吐いたと云うのです。
明らかにおかしい症状にとりあえず母一人でかかりつけの動物病院へ。
症状を伝えると、ビーグルの12歳というともう7、80歳とのこと。
年からして心臓発作だろう、とお薬(ニトロ)を貰って帰って来て、早速飲ませたんだけど、舌下錠なので上手く飲ませられず、落としてしまったり、吐いた時に出てしまったり。。
震えもなかなか収まらないので、もう一度ゴンちゃんを連れて病院へ。
強心剤、利尿剤、炎症を抑えるなどの鎮痛剤の入った注射を打って貰って帰って来たようです。
私が行くと、まだ震えはあったもののグッスリ寝ていました。
注射をしてから2時間くらいで効いて来る、と言われた通り、ちょうど2時間過ぎた辺りから動き始めました。
そして徐々にいつも通りのゴンちゃんに。
まずは一安心です。

実はつい先日、心臓発作でその日のうちに亡くなってしまった、と云う子の話を聞いていたので、最初はもうダメかと思いました。

まぁこれで安心って訳ではないのだけどね、とりあえず一命は取り留めたって感じです。
しばらくニトロで様子見です。
[PR]

by mayumingon | 2008-12-20 20:44 | 日記