ピット、退院しました!!

ピット、昨日、無事に退院して参りました~(^o^)丿
久しぶりのご対面は案外あっけないものでした(^^ゞ
大して喜びもしないピット。。っと言うか、突然の事でどうしたらいいか混乱しているようでかなり興奮していました。
先生には、やっぱりまだカルシウム値が低いと言われました。
とりあえずこちらでの診察は今日で終わりです。
あとは、かかりつけの先生の指示を仰いで下さい、と言われました。
抜糸もかかりつけの病院でやって貰います。
病理検査の結果が出たらご連絡します、との事でした。

退院した足で、かかりつけの病院へ寄りました。
経過は手術をして下さった副院長の方から、かかりつけの院長の方へ報告が行っているはずです。
早速院長に傷を診て貰いました。
「腫瘍は余りいいもんではなかったみたいね。肺に転移する確率が高いよ」と言われました。
わかってはいたものの、ちょっとショックでした。。
来週抜糸になりました。
場所が場所だけにエリカラが使えないので、それまではずっと↓の写真のままです。
患部を引っかかないように注意が必要ですが、入院中、ピットは余り気にしてない様子だった、と聞いてるので、少し気がラクです。
抜糸までの一週間は抗生剤と消炎剤の服用になります。

家に帰ると、何やら落ち着かない様子のピット。
疲れているはずなのにうちの中をウロウロ。なかなか寝ようとしません。
ちょっと体調が悪いみたいで、またヨダレをダラダラし出したので、外に出たら、例の癲癇の発作。
余り無理もさせられないので、発作が落ち着いたら家に戻ったのですが、今度はブルブル震えだして。。
癲癇の発作もブルブルもいつもピットが具合の悪い時に出る症状なんです。
私たちが思ってた以上にピットは疲れ果てていたようです。
入院の生活に慣れ始めたと思ったら、また家に戻ったので、ピットはかなり混乱しているようでした。
もしかしたら私たちにはもう捨てられたと思ってたのかな?(-_-;)
何だかいつものピットではないようでよそよそしく感じました。
自分のベッドで寝ないし、いつもの定位置にも寝ないし、寝方もぐっすり、と云うよりどこか警戒しているかのような寝方。
初めはとっても心配したのですが、夕方くらいになってようやく落ち着いて来たようで、ぐっすり寝始めました。
ブルブルも段々収まって来ました。
夜は今まではピットも私たちも2階の部屋で寝ていたのですが、急な階段なので危ないので、下の部屋で寝る事にしたんです。
私たちの布団もピットのベッドも下に下ろしたんですが、ピットはいつものベッドには結局入ってくれませんでした。。
昨日はずっとリビングのソファで寝ていたようです。

今日はピットパパが仕事を休んでくれて、ピットとずっと一緒にいてくれました。
殆どずっと寝ていたようです。
徐々に、ですが、本来のピットを取り戻しているようです。
まだ疲れている目をしているんだけどね。(ピットはずぐ目に表れます。。)
散歩も抜糸まではなるべく辞めよう、と云う事になったのですが、夜はピットが行きたそうにしていたので、少しだけ出たら、もう興奮状態。
ピットは自分の体調の事などお構いなしなので、いつも後になって具合悪くなるんですよ。
だからこっちが気をつけてあげなければなりません。
ピットはもっと行きたくて凄くふて腐れてたんだけど、用だけ足して帰って来ました。
そして今はまたソファでぐっすり寝ています(´-ω-`)

まだ回復まではしばらくかかりそうですけど、焦らず、少しずつ元気になってくれれば、と願ってます☆
皆さまには、ホント心配して頂いて、有り難く思っております_(_^_)_
まずは一段落と云った感じですが、抜糸まではまだ様子見が続きそうです。

a0013905_23103314.jpg

[PR]

by mayumingon | 2007-11-08 23:11 | 日記