ピット襲われる。。

夜の散歩にて、いつも行く公園へ行くと、暗闇からラブちゃんがこっちを目掛けて暴走して来た!!
どうしようも出来ないまま呆然と立ち尽くすピット家。
あっと云う間にラブちゃんに捕まるピット。
ピットはラブちゃんにしつこく迫られ、その勢いに圧倒されてピット家はパニック状態。
飼い主の方は急いで捕まえに来たけど、一度火が付いてしまったものはなかなか捕まらない。
またピットがやられてしまうんじゃないかと私たちはヒヤヒヤ。
ようやく捕まえて貰って、なんとか納まった。
興奮していた私たちは随分と飼い主の方に強く言ったけど、幸い怪我もなかったみたいで無事に納まりよかった。
ピットはコートを来ていたので、それで防げたのかもしれないし、ま、ラブちゃんも決して襲おうと思ってした事ではなかったかもしれない。
ただ遊びたくて、マウンティングしたくて、近寄って来ただけかもしれないけど、それでもラブちゃんの♂で、その子はかなりの巨体だった!!
そんな子が暴走して来たら、それだけで怖いもの。
大体いくら夜で誰もいなくても、呼び戻しの出来ないような子を放している飼い主が一番悪い!!ラブちゃんは本能のままだもの。仕方ないよね。

それでなくてもここら辺は割りと公園で放している飼い主が多いのだ!!
小型犬ならまだしも、放している子に限って大抵は大型犬だ。やっぱり我が子より大きい子は怖いもの。
ピットは絶対放さない。鉄砲玉で呼び戻しも出来ない、弱い癖に強がって喧嘩になる事が多いから、絶対放さない。
ま、エバって言う事ではないが。。すべてはしつけがなってないから、なんだけど。。(^_^;)
それでもそれを十分承知しているから、ピットは放さない事にしているのだ。

たまに公園へ行って放している子を見かけた時は、公園の入り口に立ってリードに付けてくれるまで待ちます。
何かあってからでは遅いので、なるべくそういう子を見かけた時はリードに繋いで貰います。
悪いのは向こうだけど、やっぱりこっちから言うのも気がひけるんで、取りあえずはひたすら目で訴えかけてるんだけど、そんな私の威圧的な目の方がよほど怖いかも~?(~_~;)
今回は暗かったし、ピットも私たちも放れているラブちゃんがいようとは思ってもみなかったので、咄嗟の事でホントにビックリでした。。
大事に至らなかった事だけが不幸中の幸いです。。
[PR]

by mayumingon | 2005-02-28 23:59 | 日記