おこた犬

先週、購入した「おこた」。
今はガスストーブと併用しているので、殆どおこたの電源を入れる事はない。
其れゆえ、今でもピットはストーブの前を陣取る事が多いのだが、たまに眠たい時など隠れたい時には、電源が入ってなくてもおこたに入る事がある。
まだあんまりおこたには慣れてないピット。中でもぞもぞなかなか場所を落ち着ける事が出来ないみたいだ。
それでもふと静かになったので見てみると、ちゃ~んと顔は、鼻先だけでも外に向けて寝ている。
おこたの入り方を心得ているのだ。
a0013905_2329545.jpg


それに遵えゴン太と来たら、元来のおこた犬にも関わらず、大抵は↓のように頭隠して尻隠さずだ。
とにかく入れればいい、それがゴン太。
だがゴン太は、布団を鼻先で捲って、電源が入ってないと入るのを止めてしまう。
それが少しでも、一番「低」にしてあっても、ちゃ~んとわかってしっかり入るのだ。
それも電源入れたてで、まだ中は温まってなくても、ちゃ~んとわかって入るのだ。
a0013905_23355686.jpg


う~む、それぞれにそれぞれのこだわりがあるようである。。
[PR]

by mayumingon | 2004-12-10 23:37 | 日記