柴犬の行方。。

今朝、実家へ向かう道すがらで、急に角から柴犬が駆け寄ってきた。
リードも首輪もやっていない。
とっても人懐っこくて、何より元気百倍!!私に何度も嬉しそうに飛び掛ってくる。
どっからやって来たの?何にも付けてないし、困ったなぁ~、どうしよう?と思っていると、若い女の人がやって来て、「捕まえてもらえます?」って。。
えっ?と思っている隙に柴犬はまたもや凄い勢いで逃げ出した。
見知らぬ私に興味を抱いているようなので、座って「おいで~」って言ってみた。
そしたらまたもや凄い勢いで私の元へやって来て無事に捕獲。
「有難う御座います」と柴犬を抱っこする彼女。
「逃げちゃったの~?」と取りあえず気持ちを抑えて一言。
「そうなの。。」「良かったね~。」って、いろんな意味で。。
彼女は暴れる柴犬を抱いて、「いけない!いけない!」と怒りながら、後から来たご主人と思われる方と帰って行った。。
私はそんな様子を見ながら、何故か哀しそう~に鳴く柴犬を見ていて思っていた。
つかの間の自由。もしかしたら危険を冒してでも、この子は自由でいたかったのかな?と。。
さっき言った「良かったね」って言葉が何だか申し訳なく思えてきた。
せつない気持ちのまま歩いていると、またもや後ろから凄い、物凄い勢いでさっきの柴犬が走り去って行った。。
はぁ~~~???
開いた口がふさがらない。「おいで~!おいで~~~!!!」って叫んでみたけど、もう私にも見向きもせずに行ってしまった。物凄い勢いで。。
行く先は車が行き交う大きな通りだ。
あんな勢いで出て行ってしまったら???考えただけでも恐ろしい。。
後ろを振り返ってみるが、あんな勢いでは飼い主の若夫婦でさえ、追いつかないだろう。。
早足で歩いて行ってみるが、大きな通りに出ても、周りを見渡しても、柴犬の姿形もな~んも見当たらなかった。。
さっき、鳴き喚く柴犬を見て可哀相に思った事、少し後悔した。。
どうか事故にだけは巻き込まれていませんように。。(-∧-;) ナムナム

って言うか、あのバカ夫婦!!!人に捕獲させといて、また放すとはどういうこと???
しかもリードも首輪も迷子札もありゃしない。あんなんで飼い主と言える???
そりゃあんな飼い主の下にはいたくなくなるさ。
もっとあの柴犬の事を大事に思ってくれる心優しい飼い主さんに巡り会えている事を願うばかり。
やっぱり一度捕獲した時に、絞り上げた方が良かったかしら???(-_-~)むかむか


画像は↑の内容とは、全く関係ない、昨日久しぶりのシャンプーの後にお父さんに抱かれて寛ぐゴン太であります。。(-_-;)
こんな事のあった日は、我が子がとっても愛しく感じます。この子には幸せな生涯を送って欲しい、と。。☆彡
a0013905_22232137.jpg

[PR]

by mayumingon | 2004-12-06 22:25 | 日記