海の日。。

…と思ったら、昨日が「海の日」だったんですね(^^ゞ

すっかり猛暑で私は早速夏バテでダウンしています。

ピットがいたらきっとこの暑さで、大丈夫かな?と心配していたね、と妹と今日話していました。

早いものでピット2回目の月命日を迎えました。

先日7日の七夕の日には四十九日を迎えて、本当にピットはお星様になってしまったんだな、と感じました。



ピットパパはもうピットは自分の中で成仏しているから、心の中で生きてるから大丈夫、と云うけど、私はまだピットを引きずってしまっている気がします。

未だにピットのいない現実に寂しくてメソメソしてしまうし、ピットの辛い顔を思い出してしまって申し訳なく思う日々を過ごしてしまってます。


ピットが寝たきり状態になったのは、12歳のお誕生日を迎える前の日でした。
徐々に歩けなくなり、支えながら歩く日が続き、歩いては転がり、歩いては転がり動けなくなり。。と悪化する日々でした。これは辛かったです。

12歳の誕生日は何とか迎えられたものの複雑な心境でした。
取り合えず12歳の誕生日を目標として来たので、まずは「よし」としなきゃ、と自分に言い聞かせました。

でも次の日の夜、突然ピットが吠え出しました。
見ると、お腹がパンパンに膨らんで苦しそうでした。
そしてまたもや夜間診療でお世話になる事に。。

今度は副院長先生に診て貰いました。
状況を説明すると、空気で胃が膨れている可能性がある、と鼻からチューブを入れて空気を抜いてくれました。
ピット、辛かったね、よく頑張ったね。

それからは空気を飲み込まないように、そして床ずれが出来ないように、とひたすら気をつける日々でした。

私の方はもうピットから目を放せないので、なるべく仕事を休んでピットといる時間が多くなりました。

ピットが寝ずに、目を開けたまま1日半も吠え通したのは11日でした。

痛くて吠えてたのかもしれませんが、見た感じはもう意識も朦朧としていてある種、痴呆の吠え方のようでした。

日によってですが、段々吠える時間が多くなって来てました。

同時に、この頃から食餌も採れなくなって来たので流動食になりました。


取り合えずスポーツドリンクとお水はなるべく飲ませていましたが、最期2~3日前からは殆ど何も口に出来なくなりました。

前日のお昼くらいまでは吠えていましたが、夕方にはもう目が回ってしまってました。

覚悟は出来ていたけど、まだもう少しこのままで、、と思ってました。。

前日は殆ど寝ずにピットと過ごしたのに、その日は何故か私は明け方グッスリ寝てしまってました。

ピットパパに起こされた時には、すでにピットはひとり静かに旅立ってしまっていました。。






ピット、ゴメンネ。。
[PR]

by mayumingon | 2010-07-20 23:52 | 日記