少しずつ。。

サッカー日本代表、決勝進出おめでとう~♪

早めに寝て試合観ようね、と言って寝たのに、ふたりとも朝までグッスリだった我が家です。。(-_-;)

でも寝る前にピットにお願いしておいたの。
サッカー頼むねって。。

カメルーン戦の時もピットに頼んで観戦していたら、確かに!?サムライブルーの中に雄たけびを上げながらボールを追っているピットを見た気がしました(^^ゞ

きっと今回も。。ピットはやってくれましたよ+o。(σ´∇`*)ゞエヘヘッ。。o+゚


少しずつですが、ピットと心で話せるようになって来ました。
まだまだいろいろ考えてしまうと辛くはなりますが、ピットに余り心配もかけられないしね。

先日は初めての月命日を迎えました。
辛い日々でしたが、経ってみると早かったな、って。。
時は淡々と過ぎて行くものですね。。





4月の半ば頃でした。
ピットがいつものようにベッドで寝ていたのですが何か様子が変だったのです。
横になってたのですが首をのけ反るように微動だにしないのです。

一瞬ハッとして「ピー、ピー!」と呼んでみたら目だけは開いけてくれたので少しホッとするも、それでも動こうとしないので近くに寄ってみると、顔の周りに水を吐いた後、そして有り得ない毛が抜けた後。
普通に抜ける外毛ではなくふわふわの内毛がピットの周りを埋めてました。

明らかに様子がおかしかったのでピットパパを呼んで「もしや動けないんじゃぁ?」って。。
確かに家を出る前と同じ格好で寝ている、と。。
家にいた時も2度ほど唸り声をあげたらしいけど、見に行くと何ともなかったんでそのままにしていた、と。。
きっとその頃からおかしかったんだと思います。


何とかピットを動かそうとするのですが一向に動こうとしません。
そのうちピット自身も尻尾や頭を動かすのですが、どうやら手足に力が入らないみたいでジタバタ。。
それで抜けた毛らしいです。

これではいけない、と何とか病院まで運ぶ事にしたのですが、ピットは最近痛がるので無理に動かせなく、ピットパパが何とか旅行用のペットシートに乗せて夜間診療もやっている掛かり付けの病院へ。
院長先生に診て貰いました。

立てなくなると云うのはもう脊髄に癌が転移しているんだろう、
神経がやられてそこまでいってしまうとかなりの激痛が伴って来る、と。。


「一つの選択肢としてもう安楽死を考えてもいい頃です」と告げられました。。


体調は決して良くはなかったけど、ピットがすでにそんなに我慢して痛みと戦っていたなんて。。
ショックでした。。

ピットはもともと我慢強い子。
甘えたりもしない子なので一人で頑張ってたんだと思います。
分かってあげられなくてごめんね。。

でもまだ食べたい気持ちもあるし、朝までちゃんと歩いてトイレにも行っていた。
まだ何でもやりたい、と云う意欲があるのです。
けど、そんな意識がはっきりしているだけに、痛みもそれだけ感じてしまうんだそうです。
どっちつかずで難しい選択です。

このまま薬を使わず限界まで生きて貰うか?痛み止めなどの薬で延命するのか?安楽死を選択するのか?

この日は痛み止めの注射をして貰って取り合えず帰宅しました。
ピットは診察を受けてる時からもう寝てしまっていて、帰ってもそのまま寝てました。

夜中になって起きて来たピット。。
痛み止めが効いて歩けるようになったようです。
ご飯も食べたそうにしていたのであげたらバクバク食べました(^^)


これまで顔が凄い浮腫んでいたのですが、注射をしたらすっかりひきました。
少し良くなったピットを見ていたら、このままずっと。。
と云う思いが強くなり、結局自然と痛み止めの薬で延命する事になってしまいました。

この選択が良かったのか悪かったのかは分かりません。
この後も安楽死の選択についてはピットパパと悩みましたが、結局私が決断出来なくて最期まで辛い思いをさせる事となってしまいました。。
[PR]

by mayumingon | 2010-06-25 23:45 | 日記